Life*Memory

Life*Memory

超未熟児708gで生まれた娘との日々の生活。こどもチャレンジ、シルバニアファミリー、使って便利だったグッズなどを紹介。

妊娠中買ってよかったもの買わなくていいもの*2019年2月

妊娠中ってなにかと物入りですよねー。

普段と体型も体調も全然違うから、意外なものが便利だし、妊婦おすすめアイテムは意外と使わなかったりするんですよね。笑

f:id:dufcafeooakioo:20190214185109j:plain

2度の妊娠を経験して、私的に妊娠中便利だったもの、いらなかったものをまとめてみます。

※あくまで私の体験では、です。それぞれの状況や体調によって違うと思うので、参考程度にしてください。

妊娠中買ってよかったもの

まずは妊婦中に買ってよかったもの、使って便利だったもの!

ちょっと状況別に分けてみましたー。

全妊婦へおすすめしたい

きっとどんな妊婦さんでも使うであろうアイテムたち。

というか使った方がいい子達!

 

〇フットマッサージャー

妊娠中って、むずむず足症候群とかこむら返りとかむくみとか、足のトラブル多いですよね。

私も初期~中期は見事にむずむず&こむら返りで、毎晩寝るときはむずむずだし起きるときは激痛だし、しんどかったです。(後期になって貧血治療したら治りました)

 

そんなむずむずなとき、整体師の旦那でもいればいいんですけどもちろんいません。

うちにいるのは検討違いなとこ押してすぐ疲れる男です。(感謝してるよありがとう)

 

マッサージってむずかしいよね。。でも自分で押すにはもうお腹が苦しい。

整体も妊婦お断りのとこ多いし、お金かかるしなぁ。。

と諦めかけていたとき、出会っちゃった❤️

 

 

なんとね、電源入れて、足突っ込めば、マッサージしてくれるんですよ!!

いや、マッサージ器ってそういうもんだけどさ!!本当にもみほぐしてくれるからびっくりしちゃった!

ポイントはふくらはぎまでもんでくれることです。

足裏だけじゃダメ!全部!全部お願いします!!

 

ちょっとでもむずがゆさやだるさを感じたら、すぐこれにマッサージしてもらってました。

寝付き大分よくなったから本当に救われた。。!

 

〇体重計

意外と・・ねぇ意外と体重計家にないってことありません?

あっても壊れてたり、電池なかったりしません??え、うちだけ??

 

学生時代はあーんなに気にしてたのに、気づいたら体重計に乗らない生活でした。反省。

つわりの時期はあまり気にしなくていいと思うんですけど、中期以降になるとびっくりするくらい体重増加します。

体重が増えると、ただでさえ大きくなるお腹がさらにしんどくなるし、出産時のリスクや赤ちゃんへの悪影響も大きくなるらしいので、体重を気にしない妊婦さんはいないと思います。(はいそうです産科で怒られました)

 

体重が計れればなんでもいいと思うんですけど、私は形から入るタイプなのでタニタさんのにしました!

家にタニタの体重計があるってちょっとうれしくありません?私だけ?笑

 

 

見た目もシンプルでおしゃれなものとか、スマホと連動して記録できるのとか、いろいろ増えてるのでお気に入り見つけて体重チェックしましょー!

 

〇ちゃんとおいしいデカフェ

私、紅茶が大好きなんですよ。

コーヒーはダメなんですけどね。なんか貧血みたいになっちゃう。

 

寒い冬はもちろん、真夏でも1日中ガブガブ飲む人なんですけど、妊娠中ってほら、ね。

カフェインダメとか言うじゃないですか!(号泣)

 

一人目妊娠中、そうかそうかと思って爽健美茶を箱買いしてみたんです。

はじめはよかったんですけど、つわり期と重なったせいか飲みすぎたせいか、トラウマになるくらい嫌いになりました。(今は大分治りました)

もうあの匂い嗅いだだけでつわり思い出すほど。。(爽健美茶に罪はないですおいしいお茶です)

 

麦茶でも同じことが起きそうだし、ジュースは糖分がーとか言われるし、緑茶も烏龍茶もカフェインだし、どーしろっちゅーねん!!

あ、ハーブとかルイボスは苦手なのですみません。

 

で、デカフェの紅茶を買ったんですよ。

マタニティに❤️みたいなこういうやつ。

 

 

あのね、、私は、ダメだった。。

まずいって思ってしまった。ごめんなさい。

一袋飲みきれませんでした。

好きゆえに?

これじゃない感+おいしくない=いらない

 

だからね、なんかもうヤケになって、お高い憧れ紅茶ブランドな駆け込んでデカフェってみたんです。

 

なにこれ普通にめっちゃおいしい

 

店員さんからは、デカフェは風味がかなり変わりますよーと心配されたのですが、全然、全然おいしい

たしかにちょっと間の抜けた感はあるけど、大丈夫!がぶ飲みできる!!

 

紅茶専門店だと、カフェイン以外にも妊婦にオススメとかよくないとか教えてくれるので安心です。

特にLUPICIAさんはポップとかも丁寧ですよね。

 

餅は餅屋、紅茶は紅茶屋でした❤️

ちょっと高い気もしたけど、マタニティ用なデカフェ商品も高いので、だったら専門店のを買います!私は!!

f:id:dufcafeooakioo:20190214185209j:plain

〇Oisix(オイシックス)

妊娠中、自分が食べるものがそのまま赤ちゃんの栄養になるってとんでもない責任ですよね。

しかも葉酸とか気にしなきゃいけないポイントだらけ。

 

元々たいして食に気を使っていない私にはえらいこっちゃです。

付け焼き刃で気を使おうとしても無理があるーバランスとかわからないー新鮮な食材とか見極められないーちゃんと作る余裕なんていつも以上にないーー!

 

というわけで、食のプロにまかせることにしました。

 

Oisix(おいしっくす)

 

野菜単品も新鮮でおいしい❤️し、無農薬などにこだわってるから安心!!

ありがとうございます!

 

でも単品はちょっと高いし、料理下手にはどう使っていいかわからないので、我が家はもっぱらキットオイシックス愛用してます。

材料ぜーんぶ使う分だけ入ってて、作り方まで書いてあるから本当助かる!!

料理って、何にするか考えるのが大変なんですよね。。

 

オイシックスについては以前詳しく書いたのでそちらをどうぞー!

akismemory.hatenablog.com

 

〇ホームクリーニング

出産直前、急に思い立ってお願いしました。

エアコンと洗濯機のクリーニング。

 

まずエアコンなんですけど、暖房つけるとなんか空気悪いなーって感じてて。

家は築5年。業者にお願いなんてしたことない上、フィルターもろくに洗ってません。(ごめんなさい)

 

赤ちゃんが来たら、汚い空気吸わせたくないよなぁ・・ってごく自然な親心から、なんとなくクリーニング業者を調べてみることに。

 

調べてるうちに、洗濯機も洗ってもらえることが判明。

洗濯機は実家のをもらったので、10年くらいの代物なんですよね。

そろそろ赤ちゃんの服水通ししなきゃだしなぁ。。洗濯槽カビだらけだったら、洗剤を赤ちゃん用にするとかそういう問題じゃないよなぁなんて不安に駆られだし・・。

 

結構調べました。夜中にスマホでぽちぽちと。

そしてどうやらダスキンさんとおそうじ本舗さんが二大巨頭であることがわかりました。

 

名前も大きいダスキンさんかなーなんて思ったんですけど、結局は下請けの業者さんが作業するので、あんまり関係ないんですね。

クリーニングの口コミは調べても調べても、「業者による」状態で・・やって本当によかった!って人もいれば、手際悪すぎてむしろ汚れたって人も。。

 

出産間近で日もないなか、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

ってことをTwitterで呟いてたら、先人たちからありがたきお言葉!

しかも公式様がお返事を!

 

なんか信頼できて(単純)おそうじ本舗さんにえいや!で申し込みました。

切迫気味でいつ産まれるか不安な状態だったんですけど、おそうじ本舗さんには「特急便」なるオプションがあったので迷わずつけました。

本当にすぐ来てくれました!!

 

結果、気のいいおっちゃんで手際もよく、自分でもドン引きするくらいの汚れを目の当たりにし、本当に依頼してよかったです。

 

あんなカビだらけの空気を吸わせて、泥みたいな洗濯槽で洗った服を着せるところだった。。

というか昨日までの生活が恐ろしいよ、おい。

 

というわけで、もし使用歴が長いエアコンや洗濯機を使ってる方は、ぜひ。

本当に。おすすめです。びっくりします。

 

 

内湯になる前に、お風呂クリーニングもお願いする予定ですー!

上の子がいる場合おすすめしたい

ひとりめ妊娠はもちろん大事件なんですけど、ふたりめさんにんめ、、と経産婦の大変さってまた別物ですよね。

 

そんな、上の子供がいる場合、いるからこそ買ってよかったものリストです。

 

〇トイレの足置き

うちのひとりめは3歳。

ちょーどトイトレがホットな話題になっております。

 

え?あ、全然進んでません(にっこり)

今月家でトイレに座ったの何回あったかな?片手で足りるね!くらい進んでません。

どうせ赤ちゃん返りするだろうから出産までなにもする気ありません。(断言)

 

なんですけど、一応困らないようにトイレに置く踏み台とおまるは買ってあります。

 

 

たまーにしか気が向かないとはいえ、やっぱり物がないと座らせられないので買いました。

 

なんだ、上の子のトイトレの話しか、と思った奥さん。

ちがうんですよ!

 

この足置き、私が使ってるんです。

大人にもめちゃめちゃいいんです!

 

なんか人間って、大きい方の排便時は足をあげてる方がいいらしいんですよ。

腸と出口が直線になるとか?

普通に足下ろしてるとカーブしちゃうので、出しにくい&痔の危険が高まるそうです。

 

妊娠中って便秘と下痢を繰り返すじゃないですか。。

特に後期の便秘って下手したら産まれないかひやひやであんまり踏ん張れないじゃないですか。

 

トイレの足置き、ほんと、大人にこそオススメです。

 

〇メルシーポット

子供ってよく鼻水出しますよね。

夏だろうが冬だろうが、とにかく鼻垂らしてますよね。

 

我が家は赤ちゃん時代からずっと鼻水トッテで乗りきってきました。

近くのドラッグストアで買える気軽さ、洗い物の少なさ、意外と取れる、などの理由で。

小顔体操にもなるんじゃ?!なんて一石二鳥なお得感も感じながら。

 

でも妊娠してみると、まぁしんどいこと。

暴れる子供押さえつけながら、前屈みで、病原菌を吸う。

うん、全部妊婦が絶対やっちゃいけないやつ!!

 

そして旦那は大体吸いたいタイミングにはいない!そして変に子供に気使って吸えてない!!

 

というわけで、ついに導入しました。

かの有名なメルシーポット。

 

 

いやもうね、買ってよかった。それだけ。

f:id:dufcafeooakioo:20190214185333j:plain

 

もう3歳だったので今さら買うのもなーなんて思ってましたが、ふたりめにも使うだろうし。

ウェルカムメルシーポット。

いや、メルシーポット様。

 

メルシーポット様についても以前書いた記事があるのでよかったらー。

 

akismemory.hatenablog.com

冬場の妊婦におすすめしたい

今回、妊娠発覚が7月、つわり期が真夏、安定期が秋ごろで後期が真冬というタイミングの妊婦でした。

 

つわり期はとにかくしんどくて家で倒れてたので、便利グッズっていうかもうそれより酸素をくださいって記憶しかないです。

真夏だったので暑すぎて(去年は特に猛暑でしたね)家からほぼ出ていません。何度か倒れた。

 

安定期は割とお出掛けしたり楽しく過ごしました。

 

そして後期。

つわりほどしんどくないけど、お腹が重い、どんな姿勢してても辛い、早く時間経たないかなぁ期だったので、私を助けてくれる便利グッズがいろいろ必要でした。

後期は冬だったので、冬物グッズの紹介になります。

 

〇ルームシューズ

床暖房がある家に住みたい。

 

あ、すみません。本音出ちゃいました。

 

でも今から家を建て直すこともリフォームする余裕もないので、床暖房は紹介できません。

むしろいい方法あったら教えてください

 

暖房をつけても、下から忍び寄る冷気・・

妊婦さんに限らず、冷えはよくないですよね。大敵。万病の元。

 

でも靴下ってちょっと違うんですよねー!

裸足よりは冷えないけど、違うそうじゃない。。

そんなにぴったりくっつくんじゃない。むくんでるから跡がかゆいじゃないか。というかお腹苦しくて履くのも脱ぐのもしんどいよ!洗濯物増やすな!!

 

ってなるんですよ。プロのずぼらだと。

 

それでクリスマスに買ってもらったのがこれー!

 

 

ルームシューズ❤️

ちゃんとかわいくて、ふわふわしてるやつ一択!!

なぜならいかに少しでも楽しく乗りきるかがカギだから!!

 

スリッパでもいいかなって思ったんですけど、スリッパって意外と気使うんですよね脱げないように。

かかとまであるのは必須条件で、足首まであるかないかはどっちでもよかったけど、結果的に足首まであるの大正解でした!!

 

あったかい❤️

ちょっと暖房効いてない廊下出るのも怖くない❤️

 

あ、もちろんジェラートピケのルームウェアもセットでお願いしますね?

 

 

モチベーションが大事だから。

あげてこ。うん。

 

〇ムートンブーツ

通勤、お買い物、送り迎え、検診などなど、外に出るとき。

 

元々ヒールはあまり履かないんですけど、あつものパンプスもなんかしんどい。(むくんでるから?)

スニーカーはお腹出てくると履きづらい。

 

あと、寒い。

 

というわけでムートン一択ですー!ありがとうムートン!!私の味方ムートン!!!

 

もうね、ムートンブーツは1年で履き潰すものなので。

安いやつを買って、好きなだけ履き倒しましょうね。

 

 

あと雨の日は長靴ね。

濡れないからね。すごい楽ですよ。

 

 

当たり前すぎるかもしれないけど、改めてお世話になったからあえてご紹介ムートンでした。

 

〇妊婦用タイツ

マタニティ服ってさぁ・・ワンピース多くないですか??

 

ていうか楽ですよねワンピース

ずぼ!って着ちゃえばいいだけ。オッケー!!

 

授乳口ついてる服も基本ワンピースな気がする。

 

んですけど、ワンピースの下は?何を着れば??って一時期悩みました。

夏の間はマキシ丈のワンピース&サンダルとかで済んでたんですけど、寒くなってきてから困った。

 

靴下だけ・・はどこの小学生って感じだしもはや足とか出せないし寒いし。

さらにズボン履く・・のはいいっちゃいいけどめんどくさいしゴテゴテするし。

 

え、せっかく買ったマタニティワンピースどうしたらいいの??

 

って悩んでたら友達があっさり教えてくれました。

マタニティ用のタイツってあるんですね。

 

 

考えてみれば当たり前な気もするけど、目からウロコでした。

寒い冬到来に備えて、デニール厚めのにしましたー!

 

お腹が苦しくないか不安だったんですけど、まだそんなに出てない中期から後期まで安定のホールド感で使いやすかったです!!

妊娠中意外といらなかったもの

妊娠したらこれを買わなきゃ!!って絶対みんなが買うものたちだと思うんですけど、私は結局ひとりめのときもふたりめのときも使わなかった・・なアイテムたちです。

 

〇妊婦帯

妊婦帯って、みなさん便利でした?!楽でした?!!

 

私はマジックテープタイプのを使ってみてたんですけど、全然楽じゃなくて。。

 

むしろしめつけられる?支えてる感というよりは圧迫感・・でもゆるめると落ちてくる邪魔ぁ。

って感じでした。

 

お腹が張りやすい体質だったのもあって、妊婦帯すると張りが増しちゃいましたね。

 

単純に私の使い方が間違っていたか、タイプがあっていなかったかの問題かもしれませんが、私は使いませんでした!

 

それより、上に書いた妊婦用タイツや、こういう支えてくれる洋服たちのほうが便利だったなー!

 

 

〇妊婦用ショーツ

こちらも、絶対買うと思うんですけど。

私ももちろん数枚持ってるんですけど。

 

いります?これ。。

 

初期はそんなにお腹出てないからお腹周りぶかぶかですよね。

中期は肌がデリケートになってるからお腹の上あたりにパンツラインが来てかゆい・・!

後期になると、おへそらへんまでしかないから、むしろ下がってくる!

 

って感じで、マイナートラブル増やさないでいただけますか?な存在でした。

 

子宮圧迫するのは苦しいので、普通のパンツよりむしろ浅めのパンツが使いやすかったです。

レースとかもいらないからねかゆいからね、シンプルなやつが一番でした。(なんか悲しいけど事実)

 

〇妊婦用ブラ

こーれーもー!!

便利でぴったりしっくり来た方います?!いらっしゃいます?!!

 

よっぽど私の使い方が悪いのか体の形がおかしいのか??

 

妊婦用ブラ(兼授乳用)みたいなのって、基本的にゆったりと、ゆるめに伸ばせるように作ってあるじゃないですか。

特にキャミとかタンクトップとカップが一緒になってるやつ。

 

しめつけはしんどいから、ワイヤー入りとかよりもちろん全然楽なんですけどっていうかもうワイヤーとかつけてたら息できないんですけど。

 

ゆるすぎて何も支える気ないやんってやつ多くないですか?

胸の位置ってそこでしたっけ??

支えてくれないと流れ出てますよ?ってあれ、やっぱり私の体が衰えすぎなだけ??

 

変にずれてるのが気持ち悪くて、マタニティブラも私にとっては逆効果マイナートラブルでした。

お店では、楽そうー❤️って思って買うんですけどね・・。

 

ユニクロのブラトップで十分!

あとがき

というわけで、ダラダラと妊娠期間を思い出しながら書いてみました!

本当に、便利か便利じゃないかは人それぞれ、環境次第だと思うので、こんな場合もあるんだなーくらいで片隅に置いていただけたらうれしいですっ

 

みなさんのマタニティライフがちょっとでも快適になりますように!!

ほんとに!ただでさえ!!しんどすぎるので!

快適さに投資しましょう・・ね!!

 

それでは、気合い入れて産んできますー!!

f:id:dufcafeooakioo:20190214185408j:plain



妊娠高血圧症候群で超未熟児を出産した記録~娘退院後の生活と成長編~*2015年11月

妊娠高血圧症候群にかかり、娘を708gという超未熟児で出産した記録。

病気発覚から出産、娘の入院中の様子まで長々と書いてきましたが、いよいよ最終回です!

2人目が産まれる前になんとか書き終えることができてよかった・・!(あと10日しないで予定帝王切開です)(え、うそ?!!)

 

今回は、娘がついにNICUから退院し、お家に帰ってきます!

お家での成長、日々の検診の様子などなど。

前回ほどは長くならないと思います!笑

娘の退院後の生活

娘は生後3か月、もともとの出産予定日に退院し、お家に帰ってきてくれました。

やっぱり、身体が大きくなるにはその週数が必要なんだな!と妙に感心。

とはいえ、退院時の体重は2300g程度。

まだまだ小さな赤ちゃんでした。

 

はじめてのお外にドキドキ。

ちっちゃなスタイが巨大に見えるよー。ダッフィーに食べられそう。笑

f:id:dufcafeooakioo:20190210142422j:plain

病院前からタクシーに乗り、自宅に直帰です。

身体の様子

退院後は、赤ちゃんのいる生活にただただ振り回される日々、きっと普通に産まれたのと一緒です。笑

昼も夜もなくミルクをあげ、お風呂に入れ、洗ったばかりのシーツに漏らされ、飲んだばかりのミルクを吐かれ、抱っこし続ける愛しい日々。

むしろ、おむつやミルクなど病院で練習させてもらった分余裕があったかも??

 

病状によっては酸素を持ち帰って自宅でも人工呼吸を続けたり、酸素値を計ったりする場合も多いそうです。

本当、親って強いな・・って思いました。

計器があってもなくても、こんなちっちゃい命を育ててるってすごく尊いことだと思います。

私も含めてね!誰か褒めて!!笑

薬の服用

胆汁の出が悪いのと貧血気味だったので、退院後もお薬は続きました。

f:id:dufcafeooakioo:20190210152423j:plain

赤ちゃんに薬飲ませるの大変!

かと思ってたんですが、哺乳瓶でミルクと混ぜちゃえばいいだけ。

まだ味とかもわかってないし、3歳児みたいにイヤイヤ言わないので(おっと日々の愚痴が)楽勝でした。

黄色みがかった、酸っぱい匂いのミルクになります。


薬も、胆汁の値がよくなり、貧血がよくなり・・と徐々に減っていき、生後10か月修正7ヶ月でお薬卒業!!

卒乳前に卒業できてよかったです。

おむつの小ささ

はじめはとにかくおむつや洋服が小さくて・・!

50サイズの肌着もぶかぶかでほとんどはだけてる状態。(背景が汚くてすみません)

f:id:dufcafeooakioo:20190210151342j:plain

ちなみに頭が長いのは、入院中うつぶせ寝が多かったためです。

横向きにつぶれて、ピーク時はかなり細長い頭になっていました。

徐々に丸く戻って行きましたよ!

 

おむつは、一番小さいサイズでもおしっこが漏れちゃう。

お腹はしっかりテープするので大丈夫なんですけど、太もも部分がすかすかだったんですよね。

ムーニーさんがSよりさらに小さ目の新生児サイズを出してくれていたのがすごく助かりました!

この感謝から、我が家はずっとムーニー派です♥

でべそ

腸管穿孔の手術が関係あるのかないのかわかりませんが、びっくりしちゃうくらいのでべそでした。

f:id:dufcafeooakioo:20190210151815j:plain

やっぱり脱腸なんですよね、これ。

押すとへこむときもありましたが、またすぐ出てきます。

腸周りの筋肉がついてくれば自然と治るとのことだったので、あまり触らないようにしました。

 

いつだったかな、1歳にならないうちに自然と治っていた気がします。

当時はちょっと心配でしたが、ちゃんとうんちやおならが出ていたのは安心でした。

綿棒による浣腸

これも腸管穿孔が関係あるのかないのか・・?

入院中から、ちょっと便秘気味でした。

 

胃や腸が小さいので、なるべく出して、たくさん食べてほしいんです。

なので、綿棒で浣腸をして排便をお手伝いしていました。

 

これは入院中から何度も練習させてもらっていたから慣れたもの!

赤ちゃん用の細い綿棒をベビーオイルで湿らせて、お尻の穴をくりくりっと。

優しく回すだけでドドッと出してくれました。(お食事中の方いましたらすみません)

新生児のうんちって緑なんだよね・・かわいい・・。

 

今思えば怖いよなー!あのときの手つきは我ながらプロ並みだったと思います。  

新生児(未熟児)検診

退院できたとはいえ、まだまだ小さな身体なので定期的に新生児検診をしていただけました。

早めに生まれた子は、修正〇ヶ月っていう言い方をします。

例えば娘の場合は、11月予定の8月生まれだったので、11月には生後3ヶ月修正0カ月、12月には生後4ヶ月修正1ヶ月、というように。

1歳過ぎるとあまり気にしなくなりましたが、街で「かわいいー何カ月ー??」と聞かれるとなんて答えていいかちょっと困りました。

このときの1ヶ月ってほんと成長著しいですよね!!

 

退院して2週間後にはじめての外来。

先生や入院中お世話になった看護師さんに会えて、たくさん抱っこしてもらえました。

体重も順調に増えて問題なしとのこと、ひと安心!

 

ついでに腫れ気味な部分に塗る軟膏を処方してもらったり、相談したり。 

赤ちゃんって、なにが正常でなにが異常なのかほんっとにわかんない!から、頻繁に検診があるのはすごく安心でした。

 

基本的には先生が身体をすみずみまでチェックしてくれ、大きさの計測、関節の動きなどの確認、普段の動きの確認(私が回答)、採血などによる値の判断が主な内容です。

小さいうちは体重や身長が一番気になるポイントで、大きくなるにつれ成長に関するチェックがメインになっていきました。

はじめは発達曲線から外れていましたが、徐々に徐々に乗っかっていき、今では未熟児だったことなんて忘れちゃうくらいむにむにです。

 

2週間に1回だった未熟児検診も、生後半年経つ頃には月に1回、1歳になるころには3カ月に1回になりました。

3歳になる今でも半年に1回ほど診ていただいてますが、たぶんそろそろ新生児科の先生とはサヨナラです。(ちょっと寂しい)

 

検診の間隔は空いていったのですが、2歳になるまで冬の間は毎月シナジスという予防接種を打っていただいていました。

ので、結局は毎月先生のお世話になり、簡単な問診はしていただけてました。

 

ちなみにシナジスというのはRSウイルスに対する予防接種です。

未熟児や心臓の弱い子にとってRSウイルスはめちゃめちゃ怖い病気で重症化しやすいので、国から接種指示が出ます。

シナジス接種していない時期にRSウイルスにかかって入院したお話はこちら。

akismemory.hatenablog.com

未熟児網膜症検査

前回の記事でもちょっと書きましたが、未熟児で産まれた赤ちゃんは未熟児網膜症を発症しやすいです。

まだ網膜や目の組織が完成していない状態で外に出てしまい、酸素が入ることで血管が正常に成長しない可能性が高いそうです。

 

娘も、NICU入院中にその懸念を指摘され、ついに発症。

まだレーザー治療(未熟な網膜をレーザーで焼いて失明を防ぐ)まではしないけど、要観察状態です。

 

退院5日後に眼科外来で診ていただきました。

この検査が、結構しんどいらしく・・先生に預けて私は待合室で待っているので見たことはないんですが、ずーっと苦しそうな泣き声が響き渡ります。

多分身体を固定するのに拘束して(しょうがないんだけど文字にすると辛い)、目も開いた状態に固定して、機械で検査するんだと思います。

検査前には何回かに分け目薬を差し、瞳孔を開きます。

 

「眼底検査」というらしいので、結構大きな機械なのかな・・うぅ。

 

あまり未熟児で出産してしまったことを気にしていないほうだと思うのですが、この検査のときばかりは「ごめん」って思いでいっぱいになりました。

検査のあとは、目の周りに機械の跡シワがついて、泣いたせいでパンパンに腫れて、痛々しくなった目をぎゅっとつぶってよく寝ました。抱きしめました。

 

順番待ちの間、「こんなちっちゃい赤ちゃん連れて眼科ー?」という声や「え、この子の検査なの?!」という声がひそひそ聞こえてきました。

すっごい辛かったから、外野は他人のことほっといてplease

 

とはいえ、はじめは毎週だった検査も、2週間に1回になり、1ヶ月に1回になり・・3歳になった今では、半年に1回になりました!

まだ微妙に未熟な血管があるみたいですが、ほぼほぼ心配ない状態なようです。

よかった・・。

あとがき

長々と綴ってきました娘の出産&闘病生活。

すくすく成長して、元気になった今だからこそ振り返れたし、改めて感謝の気持ちが溢れてます。

多分当時書いてたら、もっとジメジメいじいじしてたと思う。笑

 

一応まだ小児がんの可能性とか、心配がないわけじゃないんですけど、大丈夫って信じてる、いや信じてるっていうか知ってる。って感じで全然気に病んでません!(今でこそだけども)

でも、たまーに思い出します。

退院時、先生から言われた「未熟児だったことがなかったことにはならない」という重い一言。

厳しいけど、事実なんだと思います。

だからこそ、私たち夫婦は全力で娘を信じてる。支える。

 

あんなに小さかったのに、特に大きな障害に見舞われることなくここまで成長できたのは本当に感謝しかありませんね・・。

3歳が大きな壁とも言われたので、大分ほっとしています。

 

当時はやっぱり何気ない一言がグサグサ刺さったので、お友達や親戚に未熟児パパママがいる方は、ね、察してください。難しいけど。「心配だね」も「心配ないよ」も辛かったりするので。(どうしようもないけど本人もどうしようもない)

 

妊娠&育児あるあるだと思いますが、私も例にもれずすぐネットで検索していたので、未熟児についてもブログもたくさん読みました。

同じような経過をたどっている人、全然違う病状と戦っている人などなど。

特に一番励まされたのは、元気に退院して成長している先輩たちの様子でした。

 

このブログを書き始めたのは、ただ単に私が娘出生時のことを自分の言葉で残しておきたいって想いからなんですけど、もし誰かのちょっとした勇気や励ましになっていたら、すごくうれしいなと思います。

未熟児のパパママはやっぱり、不思議な親近感というか、勝手に応援したくなっちゃいます。

Twitterもやってますので、よかったら気軽に声かけてください。

 

最後に、生まれたての頃から半年でどれくらい大きくなったか載せさせてください!

f:id:dufcafeooakioo:20190210153706j:plain

f:id:dufcafeooakioo:20190210153712j:plain

今でも娘と手をつなぐときは特別な想いがこみ上げてきます。

道でごちゃごちゃ騒いでるのをふん捕まえるときは別ですけどね!笑

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました!

2人目、がんばって産んできまーす!!

f:id:dufcafeooakioo:20190210153902j:plain

 

病気発覚・出産・娘の入院時の様子はそれぞれ別記事にしてありますので、興味があればぜひ読んでください。

akismemory.hatenablog.com

akismemory.hatenablog.com

akismemory.hatenablog.com

 

妊娠高血圧症候群で超未熟児を出産した記録~娘の入院生活編~*2015年8月

妊娠高血圧症候群になり超未熟児を出産した記録。

今回は娘の入院編、ちっちゃくて壮絶な戦いです。

 

1記事でおさまるかな?!チャレンジ!

出産編はこちらをどうぞ。

akismemory.hatenablog.com

※入院中の娘の写真も掲載しています。小さな赤ちゃんが管だらけになっている写真も含まれますので、ご理解の上進んでください。

どんどん大きく、赤ちゃんらしくなっていきます!

娘の入院生活

708gで産まれた娘は自分で息をすることもできなかったので、出産直後からNICUに入院しました。

出産後の様子

肺ができていないから産声はしないだろうと言われていましたが、「ふにゃぁ」と子猫のようなかわいい声を聞かせてくれました。

一瞬指をにぎったあと、私より先に手術室を出ていきました。

夫は、廊下で一瞬姿を見ることができたみたい。(もちろんクベースに入った状態ですが)

f:id:dufcafeooakioo:20190128162600j:plain

 

新生児科の先生が私の病室まで来てくれて、状態を説明してくれました。

・命に別状はないこと

・この週数にしては落ち着いていること

・輸血や投薬は必要なこと

 

とにかくまずは命が助かったことがわかって一安心です。

私は帝王切開の麻酔が切れていないので当日は会えませんでしたが、夫は面会できました。私も、翌日には一緒に面会に行けました。

 

このように、窓から手を入れて触れることができます。

菌など心配でしたが、なるべく両親が触れたほうがいいと指導していただきました。(状態によるとは思います)

まだ皮膚も薄くて、ヘタに触ったらやぶっちゃいそう。そっと包み込みました。

f:id:dufcafeooakioo:20190128162622j:plain

 

この病院は産科とNICUが同じ階だったので、私の産後入院中はすぐ近くにいれてすぐ会いに行けました。

身体が許す限り、なるべく面会へ。

でも入院中っていろんな時間が決まっていて意外と忙しいんですよね。

面会中は立っているかパイプ椅子かなので、あまり無理しないようにと注意もされました。

 

しかしすごい薬の数・・。

右側の6台にそれぞれ薬がセットされていて、時間や量を調整しながら投薬しています。(点滴みたいなもの)

投薬、酸素、値監視用の計器などでチューブだらけでした。

f:id:dufcafeooakioo:20190128162703j:plain

 

母乳は、搾乳したら冷蔵庫で保管して、面会時に持っていきます。 

まだ飲み込むこともできないので、チューブで胃に直接ゆっくりゆっくり与えます。

f:id:dufcafeooakioo:20190128163133j:plain

味は感じるのか?何度か、口に直接綿棒で塗らせてもらいました。

f:id:dufcafeooakioo:20190128162716j:plain

 

手足も元気にバタバタと動かし、たまに目も開けてくれます。

両手にすっぽりおさまってしまう娘が本当に愛しかったです。

f:id:dufcafeooakioo:20190128162901j:plain

 

改めて見返すと痛々しいですが、当時はそんなことも微塵も思いませんでした。

「見るのが辛い」とかはありませんでした。ただただ私の天使だった。

f:id:dufcafeooakioo:20190128162741j:plain

今思うとちょっと不思議。

腸管穿孔で転院

産まれて5日目、朝から新生児科の先生が慌ただしく飛び込んできました。

前日から炎症の値があがっていたのでちょっと心配していたのですが、案の定、腸に穴が開いているとのこと。

まだ体ができていないのに酸素や母乳が入ることで穴が開くらしく、未熟にはよくあるらしいです・・。(確かにたくさんブログ見かけました)

 

入院していた病院では、新生児の外科手術はできません。

先生方が急いで転院先を探してくださいました。

私は夫に連絡。急いで駆け付けてくれました。

 

夫が娘と一緒に救急車に乗り、私はタクシーで転院先の病院へ。

娘は生後5日で救急車デビューしてしまいました。(私も乗ったことないのに)

 

転院先は、神奈川県のこども医療センターでした。

こども向け医療が充実した病院だそうです。

f:id:dufcafeooakioo:20190128163101j:plain

 

引継ぎが終わったようで、元いた病院の先生方は白衣のまま帰って行かれました。

救急車で移動中、ずっと娘に手動で酸素を送り続けてくれたそうです。

本当に、感謝してもしきれません。

 

こども医療センターの先生方から説明を受け、各種同意書類にサインをしました。

どの先生もすごく丁寧に説明してくださり、こちらでも安心して娘をお任せできました。 

臨床データベースへの登録にももちろん署名しました。

娘の経験が未来の誰かの役に立ちますように。

 

手術まで時間があるとのことで、娘に面会。

炎症の影響で身体がパンパンにむくんでいましたが、元気に動いてはいました。

管理モニターの数値が下がるとピーンピーンというアラートが鳴ります。

退室しようとするたびアラートが鳴るので、なかなか離れられませんでした。

まるで「まだ行かないで」と引き留められているようでした。(このときは本気でそう感じました)

 

手術がはじまったのが夜8時。終わったのが夜10時でした。

腸管穿孔の手術は、人工肛門が必要になったりリスクも大きいのですが、特に想定外の問題はなく無事終了したそうです。

あんなちっちゃい体のなかにある腸ってどんな細さなんだろう・・。

先生方の技術力の高さと医術にただただ感謝です。

 

術後の娘は、なにかをやり遂げたような落ち着いた表情でスヤスヤと眠っていました。

私たちも安心して地元へ帰ります。

病院では産科の看護師さんたちが私の心配をしてくれていました。(私も産後で安静だって忘れてた)

 

ちなみに、転院ということは出産した病院を一度退院することになるわけで、娘のお会計が出たんですね。

なんと5日で100万円以上・・!

まだ保険証も医療証もなかったので、一時保留にしていただき、後日提示することで自分達の持ち出しは実費(おむつや食事代など)のみになりました。(1500円くらい)

ほんと・・国に生かされたな、社会制度ってありがたいなとこのときほど感じたことはありません。

海外などで出産してこのような治療を受けると、冗談じゃなく一生分の借金を負いますね。

こども医療センターでの入院

娘の転院して2日後、私も退院しました。

私が退院した日・面会頻度

退院した日、そのまま娘に会いに行きたかったのですが両親と夫により強制送還。

わかる、わかるんですよ。私自身も産後の体で無理しちゃいけないことは。

でも私の意見も聞かずに強制送還はほんと心が張り裂けそうでしたね。

ちっちゃい娘の姿が思い出されて、遠すぎて、悔しかった。

f:id:dufcafeooakioo:20190205145129j:plain

1日中泣いてました。

どんな無理をしてでも行く!ってつもりはなかったので、面会に行ける状態かどうか、ちゃんと話し合いたかったです。

 

その後は1日おきにタクシーで面会に。

1週間くらいで電車での通いに切り替え、身体が元気になってからはほぼ毎日通いました。週1日くらいはおやすみして家のこと片付けてたかな。

その合間は、医療証や養育医療の申請・受け取り、住民票の変更などなど、お役所回りも結構忙しかったです。

面会中の過ごし方

こども医療センターは特に面会時間の制限がなかったので(すごい)午前中から行って、気づけばあっという間に夜、という生活が続きました。

面会に行くと、はじめは指をぎゅっと握るのに、数時間経つと「もう飽きた」と言わんばかりに全然手をつないでくれなくなります。

今思うと、あんな小さい頃に意思なんてあったのかな?と不思議になりますが、そのときはそんな態度すら立派に感じていました。

f:id:dufcafeooakioo:20190204170105j:plain

すやすや眠ったり、たまに苦しそうにしたり、途中の処置(おむつ替えや身体の向きを変えるなど)を見学したり・・毎日ゆっくりした時間のなかであっという間でした。(日本語変だけどほんと不思議な空間だった)

 

お家や両親の匂いを感じるため、ガーゼハンカチを胸に数分あてたものをかけてあげるという文化があるそうです。

f:id:dufcafeooakioo:20190204165925j:plain

今は娘のためになにかできることがうれしい!

かわいいタオルを買って、洗濯してアイロンかけて・・そんな時間すら愛しかったです。

緩和ケア

声は出ませんが、思いっきり顔をしかめて泣くときはあります。

やっぱり痛かったり辛かったりするのかな・・とサイレント泣き顔を見て心配になる日々。

f:id:dufcafeooakioo:20190205145606j:plain

痛みの緩和ケアとしておしゃぶりを使ったり、ショ糖を使用したりする方法があるそうです。

入院時説明を受け、同意書に署名しました。

日々の成長

1本ずつ管が少なくなっていき、お腹のドレーン(排泄させるための管)が取れ・・と、日に日にちょっとずつ見られる変化がうれしくてたまりませんでした。

 

母乳は搾乳して凍らせたものを届けます。

f:id:dufcafeooakioo:20190204170126j:plain

そんなに量が出なかったので、母乳が足りなくならないよう、身体が大分動くようになってからは毎日通いました。

毎日数mlずつ飲める量が増えていくのが感動的でした。

f:id:dufcafeooakioo:20190204170022j:plain

退院(地元の病院へ転院)

3週間ほど経ち、地元の病院へ転院できることになりました!

体重は800gくらいになり、消化できる母乳量も増えてきたことなどから、戻っても大丈夫と判断されたようです。

私たちの面会の負担も加味されたようで、ありがたかったです。

近くに帰ってきてくれるのはすっごくうれしい!

 

最終日、病院側からの提案でカンガルー抱っこをさせてもらいました。

リクライニングした椅子に寝そべり、その上に赤ちゃんを乗せて包むケアです。

なるべく肌同士が触れ合うように、前開きの服を開け包み込みます。

いろんな管を一時的に外して、胸に乗せてからまたつけたり、となかなか大変な処置でした。

f:id:dufcafeooakioo:20190204170033j:plain

出産後約1ヶ月めにして初めての抱っこ

すごく軽いんだけど、しっかりと重みを感じて、とってもとっても愛しかったです。

娘はちょっとびっくりしたような顔をしたあと、すやすやと寝てくれました。

ちっちゃい手足がくすぐったかったです。

地元の病院へ転院

ついに娘が地元の病院へ帰ってきました!

人数や設備の関係でこども医療センターと同じ処置はできないので、ちょっと拘束(危険なので手袋をしたり)が多かったり、違う部分で戸惑うこともありました。

でも看護師さんは丁寧で、娘のこともとてもかわいがってくれました。

医療センターでもそうでしたが、こんなにちっちゃくて声も出さないのに、ちゃーんと赤ちゃん(人間)として関わってくださるのがすごく印象的でした。

呼吸器の軽減とミルク導入

転院後数日で呼吸器が口から鼻に変わり、声が聴けるように!

f:id:dufcafeooakioo:20190205144543j:plain

たまーに「あーあー」と声を出したり、しゃっくりするたびに「きゃお!きゃお!」と漏れ出たり。あーー録音したかったよーー(写真はOKでしたが録画は禁止でした)

今まではサイレントで顔をしかめるだけだったのに、大きな泣き声が出るようになったのも一安心でした。(看護師さんは大変そうでしたが・・!)

f:id:dufcafeooakioo:20190205144559j:plain

 

毎日搾乳がんばっていたのですが、ついに飲む量が搾乳量を上回り、ミルク導入になりました。

特に完母にこだわりがあったわけではないのですが、このときはすっごく悔しくて情けなくなっちゃって。病院で泣いちゃいました。

毎日6回以上の搾乳でバネ指になり、絞っても数滴ずつしか取れず・・吸ってもらえない乳ってなんてむなしいんだろうってすごく苦しかったのを覚えています。

電動搾乳機をレンタルしたりもしましたが、手動も電動もなかなか難しかったです。

 

転院後1週間ほど(生後1ヶ月)でさらに呼吸器が軽いものになりました!

f:id:dufcafeooakioo:20190205144617j:plain

前の呼吸器はずれやすく苦しそうだったので、シンプルなものになってよかったー!

カンガルーケア

容態も安定しているので、こちらの病院でもカンガルーケア開始です!

夫は休日しか来れないので、来れるときはなるべく夫に抱っこしてもらいました。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144656j:plain

 

抱っこ中は、基本すやすや寝てるんですけど、もぞもぞ動いたり、こちらの顔を見ようと腕を突っ張って身体を持ち上げたり。

よくそんな力あるな!!ってびっくりするくらいでした。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144714j:plain

本当ならまだお腹に入っている時期・・まだ1kgくらいの体重です。

そりゃ胎動が痛いはずですわ。(2人目の胎動を感じながら)

 

おむつ替えなど自分たちでできることも増えてきました。

未熟児網膜症

新生児科の先生だけでなく、いろんな科の先生が検査してくれるのですが、ある日眼科の先生からお話がありました。

未熟児網膜症が発症する恐れがあるとのことでした・・。

 

まだ目の血管が完成する前に生まれ、酸素を取り入れたことにより、網膜がうまく成長しなかったり変に曲がって成長したりしてしまうらしいです。

そのまま放っておくと失明などにつながるため、異常な部分はレーザーで焼いて治療する必要があるとのこと。

焼いた分視野は狭くなりますが、失明は免れるそうです。

 

まだ心配があるというだけで、レーザー治療決定ではありませんでしたが、なかなか衝撃でした。

成長して心配がなくなるまで、目の検査が続くそうです。(3歳現在、まだ定期的に検査してもらっています)

 

目の検査がまた胸が痛いのですが、これはまた別のときに。

クベースからの卒業・直接授乳

生後1カ月半の頃、いつも通り面会に行くと景色が違う・・?

なんと、クベースを卒業し外の世界へ出ていました!!

体重が増えてきたこと、体温調節ができるようになったことなどが判断材料らしいです。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144742j:plain

 

クベースの中ではおむつだけだったので、お洋服着てるのがかーわいー♥(親バカ爆発)

f:id:dufcafeooakioo:20190205144756j:plain

抱っこも、カンガルーケアから普通の抱っこになりました。

まだ管はついてるのでむずかしいですが、看護師さんに頼まなくても抱き上げられるのがすごくうれしかったです。

f:id:dufcafeooakioo:20190205145034j:plain

 

直接授乳と哺乳瓶もはじまりました!(今までは管で直接胃へ注入)

このとき1300gくらいです。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144825j:plain

やっと吸ってもらえる私のおっぱい・・!でもまだ体が小さいのとお互い慣れていないのとでなかなかうまくいかず。

吸いつきはするけど、ごくごく飲めはしませんでした。(もう母乳量自体もかなり減ってました)

娘も、「もう今日はこんなもんでいいっす」って感じで口を開けなくなります。なんだその貫禄!

f:id:dufcafeooakioo:20190205144837j:plain

 

哺乳瓶から飲んでいると、飲むことに夢中になって息を止めちゃうことがよくあります。

未熟児は息をするのを忘れちゃうことが多いらしいんですけど、特にミルク飲んでる時が多い!

この時期は飲ませるのが一番大変でヒヤヒヤでした。

 

呼吸器はさらに軽いものに。

f:id:dufcafeooakioo:20190205151447j:plain

大分すっきりして、抱っこするにも楽になりました。

呼吸器からの卒業

生後2か月になるころ、ついに呼吸器からの卒業です!体重は1500gくらい。

ちょっとずつちょっとずつ軽いものになって、酸素値が上がったり下がったりヒヤヒヤしながらもどんどん成長していき、無事卒業。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144905j:plain

顔つきもだんだんしっかりしてきて、「生命体」から「赤ちゃん」になってきた感じです。

NICUからGCUへ 

生後2か月と1週間、NICUからGCUへ移動になりました!

といっても隣のお部屋なんですけど、成長してよくなってきているってことだからうれしいー!!

 

ミルクの管もなくなり、ちゃんと口から必要な分全部飲めるようになりました。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144922j:plain

今までは口か鼻にチューブを止められていたので、何もなくなったお顔はなんだか印象が違いました。

 

身体も大きくなってきて、抱っこも楽になってきました。(体重は1700gくらい)

小さすぎると収まりどころがなくて結構大変だったんですよね。

f:id:dufcafeooakioo:20190205144935j:plain

 

モニターがさらに軽いものになったり、自立哺乳になったり(ミルク飲むのが時間で決めるのではなくお腹のすいたタイミングに)、沐浴指導がはじまったり・・

f:id:dufcafeooakioo:20190205144953j:plain

退院に向けて準備が進みました。

 

そろそろ退院も見えてきたので、アカチャンホンポで一通りの赤ちゃんグッズを揃えました。

服からベッドから小物から、もうほんと、これでもかってくらいまとめ買い!

50サイズの新生児服がすごく巨大に見えて、こんなの着れるようになる日くるのかな?!って感じでした。

あとがき

次はいよいよ退院後の生活編。

いやーーーー・・長い!長すぎる!!

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます申し訳ありません。

 

当時のことを思い出すと、まだまだ全然書き足りないんですけど(この日の変顔がかわいかったとかこの日のうんちはすごかったとか)、親バカきりないのでなんとかやめました!笑

 

この時期、もちろん心配だったんですけど、逆に病院でしっかり診てもらっている安心&この子は大丈夫っていう自信から、そんなにヤキモキはしていませんでした。

毎日顔見れてたし、むしろどんどん軽くなっていく計器や処置が楽しみでしたね。今日はなにができるかな?って。

 

娘よりも実母へのストレスが半端なかったです。

実母も、娘である私と孫である娘への心配でちょっとおかしくなってたんだとは思うんですけど、まぁーおせっかい。いいつもりでいらんこと言う。毎日を知らないのに過去の経験でマウンティングしてくる。

こちらが当事者でいっぱいいっぱいなのに、「心配してる自分」しか見えてなかったよね、と今振り返っても思います。

性格や環境でほんと人それぞれだとは思いますが、くれぐれも、出産後の家庭に「心配という名の負担」をかけないでください・・。

私も、将来そうならないように気をつけようと心に誓いました。

 

愚痴でしめっぽくなりましたが、ついに娘が退院!お家へ帰ってきます♥

次の記事では、お家に帰ってきてからどんな風に過ごしたか、どんな心配があったか、がメインになると思います。

 

妊娠高血圧症候群で超未熟児を出産した記録~出産編~*2015年8月

妊娠高血圧症候群で超未熟児を出産したお話です。

708gだった娘も、今では3歳になりすっごく元気

大切な想い出なのでまとめておきたくて、記事にしました。

 

いつごろどんな経緯で診断されたかなどは 前記事で。

 

今回は、入院~出産当日の様子について書きます。

入院

前回の記事で書きましたが、27週の妊婦検診で突然の入院が決定しました。

病名は「妊娠高血圧症候群」。

一昔前は、妊娠中毒症と呼ばれていたそうですね。

検査と入院

病棟へ向かう前に、心電図やレントゲンの検査を回りました。

たまたま夫が一緒に来てくれていたので、荷物など持ってもらい安心。

1人だったら心細くてしょうがなかったと思います・・!

もう出社できないので、検査待ちの時間で会社へ連絡など結構バタバタ。

 

そして病棟へ。同じ建物内だったのでエレベーターであがるだけです。

看護師さんたちから「歩いてきたの?!車いす使わなきゃ!!」と大慌てで座らせられました。

この時点でも、特に自覚症状なし・・。自覚症状ないのが一番怖いらしいですね。

 

体重や血圧を測り直して、入院。

この時点で血圧は177でした。普段より100近く上なのはさすがにびっくり。

 

体中むくんでいて、結婚指輪がなかなか抜けませんでした。

取れなかったら切るかもって言われてびっくり。

え、結婚指輪ですよ・・?

(このときは、そんなにすぐ手術する可能性があるなんて思っていなかった)

なんとか取ることができて本当によかったです。

投薬と監視

入院してすぐ病棟にいる先生によるエコー。

そして張り止めの薬、減圧剤(血圧を下げる薬)などなどを点滴で投薬。

赤ちゃんの肺の成長を促進させる薬も肩から数回打ちました。

さらっと書いてるけどめちゃめちゃ痛かったです。

我が子のためじゃなかったら絶対無理拒否。

 

減圧剤がかなり強いみたいで、「尿が出てないと死ぬから」と言われ排泄した量を測るよう言われました。

え、待ってそんな重病人なの私、え・・??

ひざをたたいてビクッて反応があるか膝蓋腱反射(しつがいけんはんしゃ)も細かくチェックされました。

 

そして夜中に担当の先生によるエコー。

外来のあとでお疲れなのにすみません・・。

この時点でのエコーは特に問題なし

 

やっと寝れるーと思ったら、AM1時からずっとNST!

ちょっとまどろんだものの、まったく眠れませんでした。

 

入院した時点から禁食(つまり検診前から何も食べていない)状態でしたが、不思議とお腹は減りませんでした。

予想外の説明と当時の気持ち

私としては、仕事も忙しかったし休むのも申し訳なかったし、いっそ入院って診断出たほうがゆっくりできるかなー。逆によかったかもなー。

なんてお気楽に考えていました。

 

噂に聞く切迫治療みたいに、予定日まで3カ月間、入院して過ごすのかなーと。

よくなってきたらお家でゆっくりしてればいいのかなーと。

 

そんなのほほんとした空気が伝わったのか、先生から「産むまで退院はありえないからね」とグサリ。

そして「というか、もう今日切るか明日切るかって感じだよ」とブスリ。

 

もう全然実感がわかなくて、え、だってあと3ヶ月?え、赤ちゃんって今出てきて大丈夫なもんなんですか??え?(助からないとは微塵も思っていない)

 

ここでようやく事の重大さに気づき(遅い)母子ともに命が危険な状態なんだとわかりました。

妊娠高血圧症候群は、いわば妊娠が原因の病気。

妊娠を継続すると母体が危険→つまり赤ちゃんも危険な状態になってしまうわけです。

治療方法は、「妊娠をやめること」。

 

かなりショッキングな事実でした。

妊娠をやめる、つまり出産すれば、母体も赤ちゃんもそれぞれ適切な治療ができるようになるというわけです。(お腹の中にいるとどっちの治療もできない)

 

先生はとても丁寧だったので、赤ちゃんの命は心配しなくていいこと(未熟児ゆえの困難はあるけど)、病気になった原因があるわけではないこと(私が悪いわけじゃないよというフォロー)、医療センターがお城みたいにかわいいこと、などなどを明るく話してくれました。

 

なにがわからないかすらわからない状態でしたが、私に選択肢を迫られているわけではなかったので、もう先生にすべてお任せしよう、という気持ちでした。

先生に安心感と信頼があったのが、本当にすごくありがたかったです。

 

こんな話を聞きながら、エコー映像のなかの我が子は大きなあくびをして安心させてくれました。

出産

そして翌日、ついに緊急帝王切開の判断が下ってしまいます。

奇しくも私の誕生日。

本当ならティンカーベルルームのベッドの上にいたはずなのに・・!

なんで病院のベッドの上で計器に囲まれてるんだ?!!

出産が決断されるまで

朝から看護師さん、助産師さんが入れ代わり立ち代わり検査に来てくれます。

この日もNSTにずっと繋がれていましたが、どうも動きが弱い様子・・。

産科の先生が二人がかりで検査しに来てくれました。

 

NSTでもエコーでも、赤ちゃんがあまり元気がなく心拍も弱いとのことで、緊急帝王切開が決定しました。

このとき確か朝8時くらい。しかも土曜日。

病院としても万全な体制ではなかったと思います。本当に頭が下がります。

 

なんとこのときの先生もその日が誕生日だったようで、「同じだねー♥」なんて気持ちを和ませてくださいました。

 

この時点ではなんとか歩けたので(今思うとこわい)、電話OKの場所へ行って夫に連絡。

すぐに駆け付けてくれました。

帝王切開による出産

8時の時点で30分以内に切る、と言われていましたが、ちょっと安定したので保留され、なんやかんや14時くらいに手術室へ。

減圧剤やら張り止めやらの影響で、まぶたと鼻の境目がわからないくらいパンッパンにむくんでいました。

 

ストレッチャーに横になりながら運ばれていく中、たくさんの看護師さんが「(私の)お誕生日おめでとうございますー!」と私の誕生日を祝ってくださいました。

逆に笑えてきちゃって、その気遣いがすごくありがたかったです。

みなさんニコニコで安心させようとしてくれてるのが伝わってきました。(きっと大変だったろうに・・!)

 

人生初の手術室。

担当の先生が「ちゃんと来ましたよーもう土曜日なのにー」なんておどけながら、しっかり準備をしてくれていました。

 

腰からの麻酔注入、ビリビリ痺れて結構な痛みだったのですが、この程度の痛みで子供が助かると思えば全然へっちゃらでした。

今思い返してもこのときの精神力は我ながら素晴らしく、この瞬間一気に「母」になった気がします。

 

麻酔は部分麻酔なので意識はあります。

冷たいコットンを当てられて、鎖骨あたりは冷たいって感じるのに胸から下は全く何も感じない不思議な体験でした。

 

そしていよいよ帝王切開。

と言っても何も感じないし何も見えないし寝そべっているだけなのですが。

「〇〇するよー」「気分悪くないー?」など、先生方が声をかけながら手術を進めてくださいます。

特に、麻酔科医の先生が常に気を張ってらっしゃるのがわかり(でも私には笑顔を崩さない)想像以上に大変で尊いお仕事をされてらっしゃる・・と感じました。

 

まだ肺ができていないので産声はないかも、と言われていましたが、「ふにゃぁ」と子猫みたいな声を2回聞かせてくれました。

ちっちゃいちっちゃい体が顔の横に運ばれてきて、指だけ握らせてもらえました。

 

でも私は触りたいとか抱きたいとか全くなく、いいから早く安全な場所へ?!と逆に焦りました。

普通はこの瞬間にもっと触れ合えるもんなのかな?

赤ちゃんは私よりも先に退室し、NICUへ連れていかれました。

産後~退院

出産後は、私はもう回復していくだけです。

・・と思いきや、なかなか大変な入院生活でした。

出産後のカラダ

手術後はまだ麻酔が抜けないので足は全く動かせず、看護師さんが夜中何度もおむつを取り替えに来てくれました。

あ、尿は尿管が入っているのでもらしてないです。

悪露による大量出血です。本当出産って命がけ。

 

足は機械がつけられ、ずっとマッサージしてくれてました。しゅこーしゅこー

血が回らなくなるからかな??

f:id:dufcafeooakioo:20190126181553j:plain

 

次の日から歩く練習がはじまりましたが、手術前よりむしろ歩けました。

もちろんヨボヨボとですが。人間の回復力ってすごい!

 

3時間置きの搾乳がはじまったり、排泄状態を記録したり、久々のご飯を食べたり、結構忙しかったです。

血圧の急上昇

血圧は徐々に下がっていました。

が、ある朝何度も測り直され「なんかデジャヴ・・・」と思っていたら急激な頭痛

首から後頭部にかけて激しく痛み、脳内のすべての血管が爆発するかと思いました。

 

慌てて先生が飛んできて投薬。

先生、本当に必死で飛んできてくれたのがわかりました。有難みしかない・・。

目にタオルをかけ、数字を数えて落ち着いていくうち、痛みは治まって行きました。

夫がすぐ横でウロウロソワソワしているのがわかり、逆に落ち着かないあるある。笑(あれ、なんでこのとき朝なのに夫がいたんだろう?出産翌日だったから??)

 

妊娠高血圧を患うと、産後一時的に血圧が急上昇することはよくあるそうです。

数値は「聞かないほうがいいと思う」くらい高かったらしいので、200以上いったのかな・・へへ・・。

私の場合は、この1回きりでした。

 

自覚症状がないと、道中で突然倒れたりするらしいので、頭が痛くなったのはむしろよかったそうです。

出産後の気持ち

誕生日だったので、友達から「お誕生日おめでとう!赤ちゃん楽しみだね」的なメールがたくさん入ってきます。

普通の日ならこんなにいろんな人から連絡来ないから、なんとも不思議な気持ち。

その返信で親しい子には出産を報告できたので、よかったかもしれません。

 

出産直後は、もうお腹にいないのが変な感じ。

急に取り上げられてしまったようで妙に寂しくて、ひとりぼっちな気持ちになりました。

正常な週数までお腹で育てられなくてごめんね、ちっちゃい体で外に出してごめんね、など自責の念に駆られたり。

でもきっと大丈夫元気になる早く会いたいって前向きになったり。

文字通りコロコロと気持ちが入れ代わり、まさに情緒不安定でした。

 

でも、もちろんいろいろと思うところもありましたが、全体的にはそこまで悲観しておらず割と落ち着いていました。

むしろ我が子がいる喜び、母になった不思議さ、これからの楽しみの方が強かったです。

 

入院中に、夫と一生懸命名前考えました!

必死すぎて助産師さんに休みなさいと怒られる始末。笑

あとがき

こうして、私と同じ誕生日の女の子が誕生しました。

f:id:dufcafeooakioo:20190126181731j:plain

 

とにかくすべてが緊急で、心の準備もなにもあったもんじゃない出産でした。(でもみんなそうかな?)

逆に怖いと感じる暇もなくて、私にはよかったかもしれません。

 

まさにコウノドリ(この1ヶ月後ドラマが始まり夫婦で号泣するわけですが)本当に医療従事者のみなさまには頭が下がります。

医療の技術はもちろん、患者を不安にさせない配慮や、絶対救うという気迫・・物語ではなく、もろに実感したのははじめてでした。

そして何より、早く出したほうがいい母体、なるべくお腹にいたほうがいい胎児、両方にとって一番ギリギリのベストなタイミングを精一杯判断いただいたんだと思います。

だからこそ、今こうして元気でいられるのだと。

ご自身の生活もあるだろうに、本当に、ありがたさで胸がいっぱいです。

 

私の病気は、このあとも血圧監視は続いたものの特に問題なく治りました

現在はまた80台に戻って安定しています。(本当に妊娠していることが原因なんですね)

 

これからは、誕生した娘の、とっても小さくて壮絶な戦いがはじまります。
akismemory.hatenablog.com

 

妊娠高血圧症候群で超未熟児を出産した記録~妊娠発覚から入院宣告編~*2015年8月

現在3歳の娘は、708gの超未熟児として産まれました。

原因は私が妊娠高血圧症候群を患ったためです。

 

今はすっごく元気!&私はふたりめを妊娠中(出産間近)です。

新しい我が子に会う前に、はじめてママになったときのことを振り返っておこうかなと思い、記事にしました。

 

時系列で振り返っていくので、かなーり長くなってしまうと思います・・!

今回は妊娠発覚から入院宣告編です。

当時どんな環境でどんな体調だったか、などを書きました。

妊娠発覚~初期

結婚当初は仕事が忙しかったり、家を建て始めたり、となかなか生活が落ち着きませんでした。

結婚して1年が経って、そろそろ子供でも欲しいね♥と意見が一致し、まだ見ぬ我が子へ思いを馳せるようになりました。

妊娠がわかった時

子供を望んでから5ヶ月ほど経って、妊娠検査薬が陽性に!

f:id:dufcafeooakioo:20190126120514j:plain

まだそこまで焦ってはいませんでしたが、私たちよりあとに結婚した友達が授かっていくのを見るとちょっと黒い塊が芽生えたりしてた頃でした。

(ベビ待ち期間についてはふたりめの時の気持ちを別記事で語ってます)

陽性を見ただけでソワソワ!

早く病院に行って確かめたいような、ちょっと怖いような気持でした。

妊娠初期の婦人科検診

まだ5週目で、確認できるかすら微妙な時期でしたがすぐに病院へ。

予約なし&紹介状なしだったので、2時間くらい待ちました。

 

子宮頸がん検査のときもびっくりしましたが、あの検査台はすごいですよね。(なんて恥じらいも今や懐かしい)

 

赤ちゃんがいる袋は確認でき、ちゃんと子宮内に妊娠していることもわかりました。

すーごくホっとして、うれしいようなよくわからないような、不思議な感覚。

 

次の検査日は心拍が確認できるであろう1か月後の9週目になりました。

ずっとお腹の中にいるのに、エコーを見ると会えた気になるんですよね。

まだ白い点でしかないのに、すでにかわいくてしょうがありませんでした。

f:id:dufcafeooakioo:20190126120535j:plain

 

まだ会社に報告するにも早いし、友だちにも言えないらしいし、ひとりでドギマギソワソワ。

両親と義両親には伝え、とても喜んでもらえました。

妊娠中期

いわゆる安定期。

徐々に会社や友達にも伝え初め、おなかもふくらんできました。

妊娠中期の産科検診

中期に入ると採血や尿検査、お腹からのエコーもはじまりました。

担当の先生は男性で、若くて丁寧でおしゃべり好き。

詳しく説明してくれるから、安心して検診を受けられたのでよかったです。

 

血や尿の値も問題なく、赤ちゃんの成長も順調。

ちょっと張るんですけどーなんて相談しても、「張らない妊婦さんいないから!」と全然問題ない感じでした。

f:id:dufcafeooakioo:20190126120558j:plain

胎動も出てきて、本当にお腹の中にいるんだなー。

男の子かな女の子かなー。まだあんまり実感湧かないなーなんて思いながら日々過ごしていました。

自覚症状

はっきり言ってほぼありませんでした。

いや、今思えばあったんですけど、「妊娠中ってそんなものなのかな」で済んでました。

 

なんとなく胎動が少ないかな?でもこんなもんなのかな??

足のむくみがひどいなーでもこんなもんなのかな??

なんか不整脈っぽい動悸がする・・でもこんなもんなのかな??

 

そんな感じでした。

仕事の状況

このときの仕事は、今思えば割と厳しい状況でした。

私はシステムエンジニアなんですけど、本番リリースのため23時近くまで残業したり、スケジュールが押して朝5時から出社したり。

ずっと座って集中しているので、気づいたら常にお腹が張っている状態でした。

 

先輩方は鬼ではなく、体調は気遣ってくれましたし、体調不良の日は休みも取らせてもらってました。

でも妊娠中って毎日体調不良なんですよね・・。

毎日休むわけにもいかないし、自分でももはや体調が悪いのかなんなのかよくわからず。結構無理してたと思います。

周りに子育て中の方がいなかったのも、甘えられなかった要因のひとつかな。

 

私自身、まだ全然「ママ」になっていなくて、まだ見ぬ我が子よりも目の前の仕事の方がリアルでした。

すっごく猛烈にしんどいわけでもなかったので、お仕事で迷惑かけたくない気持ちのほうが強かったです。(意外と真面目なんです)

 

あと、真夏だったんですけど、古いビルだったから空調の微調整が効かず、すっごい寒かったのもよく覚えています。(これが一番の原因だと勝手に思ってる)

ブランケット何枚重ねても足が凍ってました。

出産直前には、サンダルが食い込んで脱げないほどむくんでたなぁ・・。

プライベートの状況

休日は、普段よりはゆっくり過ごしていたものの、お友達と食事したり家に来てもらったり、楽しく過ごしていました。

お腹が大きいところを見せたくて、広島まで義実家訪問に行ったり。

安産祈祷で水天宮なんかも行ってみました。

f:id:dufcafeooakioo:20190126120617j:plain

 

夏だったので暑さにはやられましたが、すごく困ったりしんどかった記憶はないです。

お気楽に過ごしていました。

突然の入院指示&長時間のモニター監視

そして中期も後半の27週検診。

いつも、とにかく順調順調ーだったので、今日もサクッと終わらせて午後は出社する予定でした。

 

翌日が私の誕生日だったので、最後の夫婦の想い出♥としてディズニーランドホテルのティンカーベルルームに泊まる予定でした。

2人ともディズニーが大好きなのですが無理はできないので、お泊りならゆっくり楽しめるかなとルンルン計画していました。

助産師さんの問診と先生の内診

いつも通り尿検査を出して、体重と血圧を測って、お腹のエコーと問診を待っていると・・助産師さんから長めの問診。

何度も何度も血圧を測り直されて、「機械じゃうまくいかない」と手での計測もされて・・私は正直、え、なに??状態。

仕事の忙しさなどを聞かれて、正直に忙しさもしょうがなさも答えると若干の呆れ顔。

「妊婦さんなのにゆっくりできないのー?」と心配され、それはそのまま上司に言ってくれ・・と思いました。

 

その後先生の内診。

内診は問題なし

ちょっと小さ目で逆子だけど、問題ではない程度と言われました。

NSTによる検査

ただ私的にも不安だったので、胎動がなんとなく少なくなってきたこと、足のむくみがひどいこと、など心配な点を伝えたら「じゃぁしっかり検査してから安心して帰ろっか!」と言われました。

 

そしてはじめてのNST(ノンストレステスト)

お腹に機械をあて、帯のようなもので固定します。

私はリクライニングチェアみたいな椅子にゆったり座って、胎動を感じたらボタンを押すだけー。

計測器がグラフを描き出し、赤ちゃんの反応を監視することができます。

 

これが意外と長かった・・!30分以上続きました。

ラクチン♪なんて思っていたけど、胎動のボタンを押すタイミングがよくわからずうまく検査できているか不安でした。(思えば、やっぱり胎動が小さ目でわかりづらかったんだなぁ)

先生の問診

そして先生の内診。

いつもは相談しても「そんなもんそんなもんー大丈夫ー!」とあまり取り合ってくれなかった先生が、ちょっと神妙な顔

あ、明日ディズニーランド行っていいですかなんて聞ける雰囲気じゃない・・!

 

・血圧が急上昇していること(いつもは上が80台なのに150台だったらしい)

・むくみと尿たんぱくが出ていること

・NSTの結果も、ちょっと動きが弱かったこと

などから、妊娠高血圧と判断され、入院を言い渡されました。

 

・・・は?入院??

いやいやまだ出産予定日まで3カ月あるんですけど?!

 

お腹もまだまだ全然大きくなっていませんでした。(24週の頃の写真ですが、あまり変わりませんでした)

f:id:dufcafeooakioo:20190126120657j:plain

 

ちなみに、ちょうど1週間前に会社の健康診断があり血圧計りましたが、そのときは上が100程度しかありませんでした。

1週間の間に急変したんだな、とあとから冷静になって考えると恐ろしくて震えました。

あとがき

さすがに長すぎるので、ここで一回切ります!笑

入院宣告からの出産、その後の娘の様子は次の記事で。

 

3年前なのに、結構覚えてるもんですねー。

間違いなく人生の中でもなかなか衝撃的な経験でした。

というか妊娠出産自体が衝撃ですよね。本当奇跡の連続って実感してます。

 

長々とお付き合いいただいてありがとうございます!

最後まで読み終えたとき、同じ病気の方、超未熟児を出産された方、妊娠中で不安を抱えている方が希望を持てたらな、なんて思ってます。(私も、当時はたくさんのブログに心救われ泣きました)

 

出産編もがんばって書きまーす!

 

akismemory.hatenablog.com

 

銀座ぶどうの木のクリスマスケーキ*苺の国のプリンセス*2018年12月

今年のクリスマスは、銀座ぶどうの木のクリスマスケーキに一目惚れ❤️❤️

銀座ぶどうの木さんの苺の国のプリンセス❤️

f:id:dufcafeooakioo:20190119223616j:plain

その名の通り、ティアラが乗ってたりイチゴで埋め尽くされてたりキラキラしてたり・・乙女心わしづかみなケーキですっ

 

クリスマス感はあまりないけど、テンションあがることが大事だから!!

 

断面はこんな感じ。

大きなホールケーキが2段になってます。

そこにクリームがどばばばばー!そしてイチゴがずらりー!

f:id:dufcafeooakioo:20190119223624j:plain

 

3歳の娘も大喜び❤️

でもケーキ(というかクリーム)があんまり好きじゃないので、いちごばっかり集めてました。笑

キラキラのトッピングでカオスに飾ってました。

f:id:dufcafeooakioo:20190119223628j:plain

 

ちなみにケーキだけでなく、紙袋もかわいい❤️

さらにさらに、なんとコレクションプレートがついてるんです!

f:id:dufcafeooakioo:20190119223632j:plain

 

ほーらーかーわーいーいー!!!

こんなところでしっかりクリスマス感出してきてくれるなんてー❤️

f:id:dufcafeooakioo:20190119223637j:plain

白と青の陶器って優雅な感じでたまらんですよね!

この子が苺の国のプリンセスなのかな??

f:id:dufcafeooakioo:20190119223641j:plain

家族みんな大喜びのクリスマスケーキでした❤️

入園準備におすすめなおなまえシール実体験ブログ*2019年1月

入園準備の必需品おなまえシールの実体験談です。

f:id:dufcafeooakioo:20190121093023j:plain

保育園や幼稚園の入園可否通知が届き、いよいよ春からの新生活に思いを馳せる時期ですね。

いやいや

思いを馳せるどころじゃないですね準備したり計画したりバタバタでいっそがしいったらないですよね!

 

私も2年前に娘を保育園にいれました。

あーなつかしい。

娘は全然保育園に慣れてくれなくて、慣らし保育なにそれ状態だったんですけどその話は別記事で。

akismemory.hatenablog.com

 

準備中はご多分に漏れずおなまえシールを購入し、すべての洋服、持ち物、おむつにペタペタしました。

2年も経つと、サイズが変わって新しい服を買ったりシールが剥がれてきて貼り直したりとまぁよく繰り返した訳で。

アイロンおなまえシールのメリットデメリットや、ずぼら母におすすめな使い分けなど習得してまいりました。

 

あ、私は自他共に認めるちょーずぼら母です。

アイロン出すのがめんどくさくてヘアアイロンでつけてます。的な話をこれからします。

アイロンおなまえシールとは

まずアイロンおなまえシールとはなんぞや?

ご存知の方が多いかと思いますが、一応ご説明します。

 

簡単に言うと、アイロンによる熱でシールの貼り付け面が溶け、衣類にくっつき、冷めるとはがれなくなっているという仕組みです。

 

熱を加えるので、基本的に手書きではなく印字してあるものを使います。

つまり業者に発注します。

今は気軽にネットでおなまえシールを注文できるメーカーさんがたっくさんあります。

全部の衣類に手書きするのは大変なので、シールをぺたぺた貼っちゃおう!ということです。

アイロンおなまえシールのメリットデメリット

おなまえシールにも、便利な場面とそうでもない場面があります。

 

メリット

・アイロンでつけるだけ(手書きする必要がない)

・1度つければ剥がれない(はず)

・洗濯しても落ちない(ペンじゃないから)

・名前を書く場所(名前用のタグなど)がなくてもつけられる

・読みやすい(印字なので)

・かわいい(柄つきなどいろいろあります)

 

デメリット

・アイロンを出すのがめんどくさい(元も子もない)

・意外と剥がれる(特に乾燥機の熱に弱い)

・よく見える場所に貼ると他人の目が気になる(変な人に名前覚えられたら怖い)

・必ずアイロンシールをつけなきゃいけない気がする呪いにかかる(1、2枚なら書いた方が早いのに)

・お下がりに回しづらくなる(剥がしたいときはしぶとく剥がれない)

・高い(書けばタダ)

 

こんな感じですかねー。

ね、特にデメリットが実体験って感じでしょ?

一番始めに大量にアイロンシールするときはそんなに問題ないんですけど、ちょっと剥がれちゃったやつとか、新しい服数枚とかのためにアイロン出すのめっちゃめちゃめんどくさいです。

しかも、忙しい朝にシール貼ってないことに気づくとぶちギレそうになります。

おなまえシールの賢い使い方

とはいえ便利なアイロンシール。

どう使うのが賢いのか?

 

まずね、アイロンなんか使いません。

アイロン使うってことはつまりアイロン台も出さなきゃいけないじゃないですか。

むーりむりむりむり!

 

ヘアアイロンで十分です。

熱を当てたい部分、だいたい指で隠れるくらい小さいので!

あっためて、シールと洋服を挟んで、しばらくギューッと押さえるだけ。

ストレート用のだとなおいいかもしれないですね。

 

100均のシーリングでもいけるって聞いたことあるのですが、やってみたことないです。

あれは摩擦による熱なので、よれたりうまくいかない予感。。(想像)

結構しっかり熱かけないと、くっつきません。

おすすめのおなまえシール

じゃあどんなおなまえシールがおすすめなのか??

つけるもの別に、我が家がたどり着いた一番楽な種類をご紹介します。

とにかく楽に!1回で!使いやすい!がモットー!!

洋服におすすめなおなまえシール

デメリットにも書きましたが、意外と剥がれちゃうんですよね、アイロンシール。

特に背中部分とか見えやすい位置に貼ると、子供が遊んでるときにこすれたりもするのかな?はしっこがぺろぺろしてきます。

 

あと、他人の目が意外と気になる!

保育園用のお洋服とはいえ、普段のお出掛けに使ったりもします。

そうすると、歩いてる我が子がずっと自己紹介してるんですよね。。背中やお尻で。

もちろんわざわざ見なければ気づかない程度の大きさだけど、見ようと思えば結構見える。

このご時世、ちょっと怖くなっちゃいます。

 

そして意外と剥がすのがめんどくさい!

剥がれるやつはすぐ剥がれるくせに、しぶとい子はなかなか剥がれない!無理に剥がすと汚くなる。

友達や下の子へのお下がりにしたいときなど、地味に困ります。

 

そのすべてを解消してくれたのがこれ!

おなまえ部分はシールじゃなくて、タグみたいな感じです。

クルッとして、先端にシールを貼ってアイロン(もちろんヘアアイロン)

私は洗濯表示などのタグに巻き付けてますー。

 

これなら、外から見えたり剥がれたりしないし、ちゃんと名前確認できるし、外したいときは切ればいいだけ!

しかも他のおなまえシールより安いです。

 

はじめはかわいい柄つきの❤️で揃えたくなるかもですが、いろんな形の使ってみて結局これが一番楽でした。

くつしたにおすすめなおなまえシール

靴下は洋服みたいに面積もないしタグもない、しかもすーごいよごれる!し、よく動く(すれる)から剥がれやすい。

から、なかなかぴったりなおなまえシールが見つからなかったんですけど、出会っちゃいました。

フロッキーって言うらしいんですけど、おなまえの一筆ずつがもこもこシールになってるんです。

 

つまり、なまえ全体で1枚のシールになっているのではなく、線1つずつが独立してるんですね。

だから伸び縮みに強い!

f:id:dufcafeooakioo:20190121093427j:plain

靴下は、歩いてるときももちろん、履くときに結構伸ばしますよねびよーんて。

だからこういう柔軟性のあるものがぴったりでした。

タオルにおすすめなおなまえシール

保育園幼稚園に通い出すとびっくりするくらい枚数が必要なタオルたち。

お手拭きタオル、口拭きタオル、タオルケットなどなど大小様々ですよね。

 

タオルはね、我が家では乾燥機にかけるんです。柔軟剤じゃなくて乾燥機でふわふわにする派。

だから熱がかかるんですよねーアイロンシールって先ほど説明したように熱で溶ける(=剥がれる)んですよねー。

 

何百何千回と洗ってみて、一番剥がれにくかったのはこれです。(そうかそんなに洗濯したんか・・お疲れ自分)

ふわふわもこもこなシールじゃなくて、薄い紙タイプのシール。

この薄さが重要でして!

 

厚みがあるタイプってかわいいんですけど、洗ってるうちにその厚みから浮いてきちゃって剥がれちゃうんですよね。

シール全体は剥がれなくても、はしっこがぺらぺら。。みたいな。

そうなると子供が気になってめくりだしますしね。

 

薄い紙タイプだと、端から剥がれるみたいなことはありませんでした。

多少擦りきれてくる感はありますけど、名前は読める!大丈夫!!

コップなどにおすすめなおなまえシール

コップや歯ブラシなど、プラスチック用品にも名前をつける必要がないあります。

 

プラスチック類はうっすーーい紙タイプのシール一択!!

こちらはアイロンをかける必要はありません。

 

これもね、この薄さが重要でして!!

ぷくぷくふわふわなシールってかわいいんですけど、剥がされるんですよ怪獣たち・・あ、かわいいかわいい子供たち❤️に。

 

ふわふわまでしてなくても、普通の厚みのシールでも剥がされます

1歳過ぎてくると、シール遊び大好きな子も多いですもんねー。

彼らにとってはおもちゃも日用品も同じ!

義務なの?!ってくらい剥がしにかかります。

 

このおなまえシールの厚みなら、よっっぽど器用な子じゃないと剥がせません。

というか、薄すぎてひっかかりもないのでシール認識されない感じです。

プラスチックの柄かな?レベル。

 

洗っててもひっかからないので剥がれない!水も入り込まない!

1回貼っちゃえばOKです。

おむつにおすすめなおなまえシール

おむつはですね、なんとビックリなことにおむつ1枚ずつに名前書かなきゃいけないんですよ。

たしかに園での運用、先生側の動きを考えたら当然なんですけど、はじめはびっくりしました。

 

消耗品?!大量に?!名前を?!!

 

名前書くなんてもちろんもちろん無理!1枚でも嫌!!なので最初からあきらめたんですけど。

シールぺたぺたももったいない。。なんせ消耗品。

おむつだけでも高いのにシールも共に捨てるなんて!

 

というわけでこちらが本気でおすすめです。

おむつをびやーって並べて、ポンポンポンってスタンプしていくだけ。

インク内蔵タイプなので、インク台も不要です。

替えのインクもあるので薄くなってきたら入れ替えましょう!

あとがき

意外と長くなって自分でもびっくりしてます。

いかに楽に保育園準備するか、どうにかして毎日のタスクを減らしたい、そのために生きてるようなもんです今。

 

一概に「楽」といっても、園の方針や各ご家庭の環境などで変わってくると思いますー。

 

我が家のおすすめがちょっとでもお役に立てればうれしいですー!